読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未来はキミドリイロ

サイコメトリックアイドルを目指す心理学徒の勉強部屋です。勉強・趣味などについて書いています。

Rhマイナスと爬虫類型人類の話【今日の調べもの】

完全に気まぐれの記事ですが,調べものをしていてトピックがあっちいったりこっちいったりしていたので,たまにはそれを残してみるのも面白いかなぁと思って文章を書いています。

Rh-(血液型)

一般的な分類法としてABO式が知られており,A・B・O・ABの4種の血液型があるとされています。
これ以外にも内部の組成の違いなどから数多くの血液型が存在しているようですが,比較的知名度のある分類方法にRh式というものがあります。
Rhesus(アカゲザル)の持っている特徴を有しているかいないかによって+(プラス)と-(マイナス)に分かれ,マイナスの人は欧米で15%程度しかいないのだとか。

実は私は,O型のマイナスでして人に輸血するときにはABO式+Rh式で表現される8パターンのどの血液型にも輸血が可能な万能血液です。
一方で輸血を受ける際にはO-のものしか受け付けないので,すこしだけ損な役回りなようにも思われますね。

このRhマイナスですが,猿から進化したとされるホモ・サピエンスが持っているはずの特徴を持っていないことから,聖書に現れる巨人ネフィリムの子孫ではないかとする「アヤシイ話」があるんだとか。
People With Rhesus Negative Blood May Belong To The Nephilim Race | Trending News Archive

血液型と性格の関係は心理学徒としては言うまでもなく疑似科学と考えるべきでありましょうが,Rhマイナスの人は独特の性格がある,という噂もあるみたいですね。
そこらへんは日本語の情報しか見てなかったので,参考程度に流しておくのが賢明なのでしょう。

一応さらっとRhマイナスの特徴について,英語の情報を調べてみたら身体的特徴からスピリチュアルな面まであれこれと26個も列挙しているページがありましたのでリンクを貼っておきます。
この情報源がどれだけ信頼できるかは私には判断しかねますので,それだけはおことわりしておきます。
Rh-Negative Blood Type Traits and Characteristics: Large Head, Low Blood Pressure--and Possible Alien Ancestors?

お遊びを兼ねて,26の特徴は下に転記・翻訳してみました。

Rhマイナスの人における共通の身体的特徴(13個)

  • larger than average head size(平均よりも頭が大きい)
  • low blood pressure(血圧が低い)
  • low pulse rate(心拍数がすくない)
  • extra vertebrae or rib(脊椎または肋骨が多い)*1
  • high IQ(IQが高い)
  • heightened senses, including vision(視覚を含む,五感が研ぎ澄まされている)
  • uncloneable blood(クローンをつくれない?)
  • light-colored hair, mostly red or reddish(多くは赤みがかった,明るい色の髪をしている)
  • light-colored eyes (blue, green, or greenish brown eyes)(青,緑,ヘーゼルアイといった明るい色の瞳である)
  • sun and heat sensitivity(日光や熱に敏感)
  • tendency toward healing professions(癒すポジションになりやすい)
  • body scars that cannot be explained(説明のできない傷がある)
  • frequent empathetic illnesses(しばしば共感で苦しむ)

Rhマイナスの人における共通の考え方の特徴(7個)

  • an otherworldly feeling(霊感がある)
  • a feeling of having a mission in life(人生における使命を感じている)
  • a drive to seek out truth or answers(真実や答えを追及する)
  • an empathetic and a compassionate character(共感的で情け深い性格である)
  • a feeling that one is an outsider(自分を部外者だと感じる)*2
  • an interest in space and/or science(宇宙そしてまたは科学に興味がある)
  • a tendency to be easily shocked or scared(ショックや恐怖を感じやすい)

Rhマイナスの人における「マジカルな」特徴(6個)

  • some sort of extrasensory and/or psychic ability(第六感そしてまたは超能力がある)
  • heightened intuition(直観が研ぎ澄まされている)
  • psychic dreams(予知夢)
  • ability to interfere with electricity(電気に干渉する能力がある)
  • greater likelihood of alien abduction(エイリアンに誘拐されたことがある)
  • tendency to be in close proximity to inexplicable strange events(すぐそばで超常現象が起きやすい)

うーん,という感じです。

レプティリアン

Rhマイナスに関する情報を調べていたら,なんでだかエイリアンが先祖だ,なんて話に行きついてしまいました。
レプティリアン(爬虫類型人類;Reptilian humanoids)というらしいです,初耳です。

こういう話は嫌いじゃないのでせっかくだから,とレプティリアンについても調べてみたら,アメリカ大統領やイギリス皇室にも何人もいて,支配的な人類なのだー,イルミナティフリーメイソンとも関係があるのだー,とのこと。
さすがにこれは,と思ったものの,以前教え子に「爬虫類みたいな目だ」と言われたことがずっと気にかかっていたので,ついつい情報をいくつか調べてしまいました。

ファンタジーなのかリアルなのかはわかりませんが,Rhマイナスの特徴として挙げられていた26個の内容と,爬虫類というか蛇というかの(イメージ的なものを含む)親和性が高いように思われるのは面白いですね。

大いなる秘密「爬虫類人」(レプティリアン)〈上〉超長期的人類支配計画アジェンダ全暴露!!

大いなる秘密「爬虫類人」(レプティリアン)〈上〉超長期的人類支配計画アジェンダ全暴露!!

終わりに

レプティリアンについてはコメントを差し控えますが,個人的にこれを残しておきたかったのは,血液型からスタートしていきついた先がエイリアンであったという点でしょうか。
もし私がRhマイナスじゃなければ,レプティリアンというワードを一生知らずに過ごしていたかもしれませんし,逆にRhでなかったとしてもこのワードを知る運命があったのかもしれません。

とはいえ,今目の前に私はRhマイナスで,それについて調べていたらこの単語に出会った,という事実があります。
そんな数奇な縁をもっと楽しむことができたらいいなーと,こういう方面にも馬鹿げているなんてアンテナを閉ざさないようにしたいですね。

*1:肋骨についてはイメージしやすいですが,脊椎については2本ある,などではなく縦積みされている骨のパーツが多いということだと思います

*2:原文には“どこにいても傍観者のように感じる”という言葉もありました。この社会の中で生きづらさを感じるといったニュアンスでも意訳のしすぎにはならないかもしれませんね

広告を非表示にする